エクセル 機能|絶対・相対参照はF4(ファンクションキー)でコントロールしちゃおう

エクセル 絶対産所 相対参照

参照先を設定しているセルをコピーする際、参照先を動かしたい場合と動かしたくない場合があります。

例えば、b1セルにa1セルを参照するように設定、b2セルにb1セルをコピーした場合は、a2セルを参照するようにエクセルが自動で変換してくれます。

このように、参照先を自動で変換するか(相対参照)それとも参照先を固定とするか(絶対参照)コントロールしたい場合は、

F4(ファンクションキー)を使って参照先をコントロールしちゃおう

参照方法には、絶対参照と相対参照があります。絶対参照で指定するとコピーしても参照先は変わりません。相対参照で指定すると自動で変換してくれます。

エクセルでは、列名+行番号 でセルを表します。A1 セルはA列の1行目を指します。列名や行番号の前に$を付けると絶対参照付けないと相対参照になります。

ドルは絶対に動かないって覚えておくと迷わないと思います。

$A1 A列固定、行は変換される。

②A$1 列は変換されるが1行目固定。

③$A$1 A1セル固定。

選択してF4(ファンクションキー)を押す度に$が列に付いたり行に付いたり両方に付いたり、付かなかったり変換してくれます。

操作手順は下記の通り。
1.c2セルに計算式(=a2*b2)を記入
2.計算式のa2を選択してF4を押下
3.c2セルを起点にコピーしたい範囲を指定
4.F2 + (Ctrl + Enter) で値をコピー ←この機能は「エクセル 技|値のコピーにはF2(ファンクションキー)を使っちゃおう」を見て下さい。

絶対参照、相対参照のF4(ファンクションキー)」を使ってみてはいかがでしょうか。

エクセル 機能|値のコピーには F2 (ファンクションキー)を使っちゃおう

エクセル ファンクションキー

編集をおこなっていると、何かとコピー機能を使う機会が多いかと思います。今回は複数セルに値のみをコピーする場合のプロのやり方を紹介します。

セルに線が引いていたり、色が付いていたり、フォントが設定されていたりしている場合において、単純にコピーをおこなってしまうと、コピー元のセルに入力されている値だけをコピーしたいのに、コピー元のセル設定(線やら色やら書式やら)がコピー先にも反映されちゃいます。

セルの値だけをコピーしたい場合は、

F2(ファンクションキー)を使っちゃおう

やり方はかんたんです。コピー元のセルを起点にコピー範囲を指定し下記のコマンドを入力することで実現できちゃいます。


F2 + (Ctrl + Enter)


<F2を押した後、Ctrlを押したままからの~Enter を押す>

関数に参照セルが含まれている場合もいい感じに自動変換してくれます。

セル設定(線やら色やら書式やら)はコピーせず、セルの値だけをコピーしたいときの「F2」使ってみてはいかがでしょうか。

 

エクセル 機能|条件によってセルの色を変えちゃおう

エクセル
使う人に気付いて欲しい、気にして欲しい時は色を付けて強調したりしますよね?常に色を付けた状態でよければ簡単ですが、状況(セルの値)によって色を付けたり消したりしたい時があります。
例えば、カレンダーで今日の日付を黄色にしたり、進捗管理表で終了したタスクをグレーにしたり、遅延している時は赤くしたりと言った場合です。

こんなときは、
条件付き書式設定で色をコントロールしちゃおう
手順は、下記の通り!

1.設定したい範囲を選択

2.メニューから「条件付き書式」→「新しいルール」を選択

3.条件を数式で記載、条件を満たした場合の書式を設定

今回は、数式を使用して条件を設定しましたが違う設定方法もあります。動画の途中で$を削除したのはわかりましたでしょうか。こちらについては「エクセル 技|絶対・相対参照はF4でコントロールしちゃおう」を見て下さい。ちなみに$を削除しなければC2セルが条件を満たすと選択した全てのセルに条件が適用されちゃいグレーとなります。C2セルが終了となった場合、C3セルが終了となった場合、C4セルが終了となった場合と行毎に条件を満たした場合の書式の適用を分けたいため、行の$を削除しました。
条件によって書式を変えちゃう」を使ってみてはいかがでしょうか。

エクセル 機能|ショートカットで元に戻したりやり直したりしちゃおう

エクセル
エクセルで何か資料作成を行ていると元に戻したり、戻したがやっぱりそのままにしようと言ったことが多々ありますよね。文章を記載しているときなど書いては戻し、書いては戻しを繰り返して整えていきます。

この戻したり、やり直したりする機能はリボンにボタンとして設置されていますが、頻繁に使用する機能であるためマウスを動かしてボタンを押下するより、ショートカットを使用してサクッと使った方が断然早く簡単にできます。作業効率の向上にもつながりますね。

<元に戻すショートカット>

うちが一番使っているショートカットかもしれません。


Ctrl + z


操作方法は「コントロールを押したままからの~z」ちなみにzを押すたびにどんどん元に戻っていきます。

<やり直すショートカット>

調子に乗ってCtrl + z で戻し過ぎた場合に使うショートカットです。


Ctrl + y


操作方法は「コントロールを押したままからの~」こちらもyを押すたびにどんどんやり直ししてくれます。

キーボードで操作しているので、あまり動画の意味がありませんがアップしておきます。元に戻っている時は「Ctrl + z」を、やり直している時は「Ctrl + y」を押下してます。動画ではリボンにあるボタンでも操作しているので、ショートカットの方が楽ちんかわかっていただけるかと思います。

とてもよく使うショートカットですので、覚えてみてはいかがでしょうか。

 

エクセル 機能|書式設定で日付の表示形式を設定しちゃおう

エクセル 書式設定

エクセル(Excel)で資料を作成していると日付を入力することも多いと思います。文章の中に日付を入れる場合は、文字列で記載してもいいのですが、休暇予定表や進捗管理表など、ある一定期間の連続した日付を入力するケースにおいては、セルの書式設定で表示形式を設定しておくと月日で表示したり、日だけで表示したり色々な表現が可能となるだけでなく、活用の幅も拡がります。

セルの書式設定で日付の表示形式を設定しちゃおう

手順は下記の通り。
1.セルを選択して右クリック、「セルの書式設定」を押下
2.「表示形式」タブの分類欄から「日付」を選択、種類欄からマッチする表示形式を選択して下さい。
3.マッチする表示形式がなければ、分類欄から「ユーザー定義」を選択、種類欄に自分で表示形式を入力しちゃって下さい()。

下の動画では用意されている形式での表示方法と自分でカスタマイズ()する方法について操作手順をおさめてます。

うちがよく使うパターンです。カスマタイズする際の参考にどうぞ!
(Ex.)2018年1月4日
yy/mm/dd → 18/01/04
m/d → 1/4
dd → 04
d(aaa) → 4(木)
aaa → 木

セルの書式設定で日付の表示形式を設定」を使ってみてはいかがでしょうか。