エクセル 関数|任意の桁で四捨五入・切り上げ・切り捨てちゃおう

Pocket

エクセルで何らかの計算を行う場合、端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)をどの様に行うのか、決めておくことが実務では重要になってきます。

端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)を決めないで、計算していくとのちのち、合計と小計が合っていないなど、いろいろ説明を求められることもあります。

具体的に言うと、エクセルはセルの幅におさまらない小数点付きの値を(表示上だけ)こんな感じで勝手に丸めてくれちゃいます。

エクセル

見た目だけ丸めてくれるので、合計した結果と暗算した結果が、下のイメージのように違ってきてしまいます。パっと見ても「1.0」になりそうですよね。

エクセル

エクセルで端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)を行うにはエクセル関数を使用します。それぞれ、少し関数名が違うだけで使い方や考え方は同じです。


四捨五入 =ROUND(数値,端数処理を反映する桁数)

切り上げ =ROUNDUP(数値,端数処理を反映する桁数)

切り捨て =ROUNDDOWN(数値,端数処理を反映する桁数)


 

3つの数値(333.333,555.555,515.151)について、桁数の指定方法と端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)結果をまとめた表がこちらです。

エクセル関数 round

任意の桁で端数処理(四捨五入、切り上げ、切り捨て)を行ってくれる「四捨五入:ROUND()関数、切り上げ:ROUNDUP()関数、切り捨て:ROUNDDOWN()関数」使ってみてはいかがでしょうか。

 

Pocket