エクセル 関数|vlookup関数で一覧から値を取得しちゃおう

Pocket

エクセル関数,vlookup

vlookup関数は、商品コードを基に商品一覧から商品名、単価を取得して、商品売上明細を作成したいと言ったケースにとっても便利な関数です。この関数を使えばデータ入力が効率的に行えます。

 


=vlookup(検索キー,検索範囲,検索範囲の何列目から取得 , 検索方法)


上の例で言うと、検索キーが商品コード、検索範囲が商品一覧(検索キーの商品コードも含める)、商品名なら2列目・単価なら3列目、検索方法は近似値(TRUE)と完全一致(FALSE)のどちらかとなります。

検索方法ですが、完全一致(FALSE)とすると、検索キーが完全に一致した場合のみ値を取得します。近似値(TRUE)とすると、検索キーが完全に一致しない場合は、検索キーに一番近い値で検索を行い値を取得します。

うちが仕事で使う時は検索キーが一致しない時に勝手に値が取得されても困るので、完全一致(FALSE)しか使いません。

なお、検索方法を指定しない場合は近似値(TRUE)が採用されます。

 

【検索方法:完全一致(FALSE)】

【検索方法:近似値(TRUE)】

<動画について補足>
検索範囲(商品一覧)の参照は固定にしたいので”$”を付けています。また、入力した関数の他セルへのコピーには”F2(ファンクションキー)”を使って行っています。詳しくは「エクセル 技|参照先の変換をコントロールしちゃおう」「エクセル 技|値のコピーには F2 (ファンクションキー)を使っちゃおう」を参照して下さい。

一覧表の中から検索条件にマッチしたを探し、指定したの値を取得できちゃう「vlookup()関数」使ってみてはいかがでしょうか。vlookup()関数の詳細な使い方を知りたい方は、別のサイトや書籍等で確認してみてください。

 

Pocket